企業情報TOP > ニュースリリース

 2018年 5月31日
コミュニティ・ストアは「6月環境月間」レジ袋削減に取り組んでまいります


(一社)日本フランチャイズチェーン協会加盟コンビニエンスストア8社56,353店舗では、レジ袋削減の取り組みとして、「声かけ」や「適正サイズの使用」に取り組んでいます。
6月の環境月間において、さらなる削減を目的に、協会加盟コンビニエンスストア本部が連携して、いっそうの「声かけ」など啓発活動に取り組みます。
今後も限りある資源の有効活用を図るために、継続した環境負荷の低減に努めてまいります。

1.実施時期  2018年6月1日(金)〜30日(土)の1ヶ月間

2.実施店舗  8社全店舗(56,353店舗)
国分グローサーズチェーン(株)
(株)セイコーマート
(株)セブン・イレブン・ジャパン 
(株)ファミリーマート
(株)ポプラ
ミニストップ(株)
山崎製パン(株)デイリーヤマザキ事業統括本部
(株)ローソン

3.目標設定  協会統一の目標数値(レジ袋辞退率30%以上)達成に向け取り組む

4.実施内容  (1)お客様に対する声かけの再徹底
(2)レジ袋の適正サイズの使用の再徹底
(3)店舗でのレジ袋削減ポスターの掲示
(4)レジ画面によるお客様への啓発
(5)店内放送によるお客様への啓発





一覧へ戻る