企業情報TOP > 事業活動方針
事業活動方針

国分グローサーズチェーン株式会社(以下、KGC)は、国分グループのお取引先である酒販店の近代化を支援することを目的に、国分グループのリテールサポート部門として発足しました。
当時の社会ニーズも相まって、フランチャイズシステムを採用した大手コンビニエンスストアチェーンとは異なる形態で独自のチェーンシステムを展開し、今日まで制度・機能を構築してまいりました。

KGCチェーンシステムの最大の特長は、加盟店オーナー(以下、加盟店)の経営に関する独自裁量制にあり、本部であるKGCの役割は、加盟店のコンビニエンスストア(以下、CVS)運営に不可欠な「オペレーション」「サービス機能を含む商品調達」「販売促進」「情報システム」の4つの機能についてサポートすることを使命としています。
KGCは、CVSの持つ機能を有機的に結合し、「コミュニティ・ストア事業(CVS)」、「商品供給事業(小売本部機能の受託)」、「プラグ・イン事業(小売本部機能の補完)」、「機能特化事業(CVS機能の部分提供)」の4つの事業を展開するチェーン本部です。

こうした経緯から昨今では、CVS業態を運営する中小チェーン本部との企業間取引も増えており、チェーンの本部機能補完という、加盟店のより独自性の強い、新たなミッションに事業シフトしつつあります。

「店舗数の飽和」「人手不足の深刻化」「ライフスタイルの多様性」など、社会の変化への対応が、CVS業界の維持発展に係る最重要課題となっている中、KGCの特長を活かしつつ、「Better Function , Best Solution. 〜売場に最適なソリューションを提供します〜」を企業ミッションとして、更なる機能向上と社会環境への対応をもって、自らの事業ならびに業界の持続可能な発展に努めてまいります。

※KGCが提供する3つの企業価値
① すべてのお客さまのために   〜 All For Customers 〜
② より良い“機能”を提供します  〜 Better Function 〜
③ プロフェッショナル集団    〜 Be Professional 〜
◁ 戻る