企業情報TOP > 採用情報 > 職種紹介

職種紹介

 国分グローサーズチェーンはコミュニティ・ストアというブランドのコンビニのチェーン本部の仕事をしています。
仕事の職種としては、コンビニエンスストアの出店場所、出店する方を探す開発担当、店舗運営を指導するスーパーバイザー、商品を開発・発掘し、陳列手法、棚割りを提案し、販売促進を提案するマーチャンダイザー、商品を届ける物流担当、レジ・発注機器等の開発、運用管理する情報システム担当、得意先との入出金管理や人事・福利厚生等を管理する総務・経理担当の業務を行っています。

SV(スーパーバイザー)

主に担当店舗に毎週訪問し、商品情報提供、販促提案、売場指導を行う業務です。
スーパーバイザーの機能は大きく4つあります。

1つはコミュニケーション機能です。
本部からの伝達、商品情報、売場情報等を店舗オーナー・店長などに伝えるとともに、日々の販売状況、運営状況等を聞き取り、売場改善に努めます。

2つ目はチェック機能です。
売場の4原則(接客、品揃え、クリンリネス、鮮度管理)のチェック、競合店の品揃えチェック等を行い、問題点・課題の改善に努めます。

3つ目はコンサルテーション機能です。
売上分析等を行い、店舗の経営改善、売上向上するために適切なアドバイス、提案を行います。

4つ目はカウセリング機能です。
オーナー、店長の悩みや相談にのり、不安、心配ごとの解消、解決をはかります。

MD(マーチャンダイザー)

メーカーが発売するたくさんの新商品からコミュニティ・ストアの店舗に並ぶ商品を選定し、既存の売れない商品との改廃、登録を行います。
また登録した商品をより販売につなげるように適切な棚割り作成、販売促進を検討し実施します。毎週改廃が必要なディリー商品についてはメーカーと一緒に協力してオリジナル商品の開発も行います。
SVが売場で展開しやすいように、週1度、商品説明等のプレゼンを行います。登録した商品が予想以上に売れた時は感無量です。

店舗運営(店長)

主に国分グローサーズチェーンが運営する直営店舗の店長業務になります。
店舗運営がしっかりできるよう従業員の管理や教育、指導は欠かせません。売場の管理(4原則の徹底)も重要な役割です。
お客様に喜んでいただけるように日々明るい接客に努めています。

◁ 戻る